生命保険 比較のための分類

将来のために保険に入ろう、そう思った時もし貴方に家族があるならば先ずは生命保険を頭に思い浮かべるでしょう。
一般に生命保険は三種類に分類されます。それは「死亡保険」「生存保険」そして両方の機能を併せ持った「生死混合保険」です。

生命保険 比較には、先ずこの違いを押さえておきましょう。
「死亡保険」は被保険者が契約期間中に死亡した場合に保険金が支払われる定期保険・収入保障保険と、加入から死亡までが契約期間になる終身保険があり、生命保険の典型と言えるでしょう。

「生存保険」は死亡ではなく契約期間終了まで生存していた場合、保険金が支払われ、個人年金保険・学資保険に分けられます。

こちらは資産運用や貯蓄の要素を含みます。
「生死混合保険」はその名の通り前記の保険機能を併せ持った物です。それならこれを選べば一石二鳥と思われるでしょうが、このタイプの生命保険は掛け金の割に支払われる保険金が割安になります。

さて、ここまで生命保険 比較・分類をしてまいりましたが、これは言わば大分類であり比較する為のとっかかりで、主契約と言われる部分の分類にすぎません。
この部分だけでも保険会社各社の特徴もあり、さらに細分化すると疾病・怪我も対象に入る医療保険、収入額の変動に対応する収入保障保険などもあります。
生命保険は将来の貴方の人生に関わるものです。上手に選んで安心を手に入れましょう。キレイモキャンペーン